News

水素と活性酸素

水素について
 水素は、悪玉活性酸素であるヒドロキシラジカルを強力に消去しますが、生体に必要な活性酸素は消去しません。また水素ガスは分子量が小さいため体内に早く拡散しやすく、血管が狭窄しているところや脳など体の隅々までいきわたり抗酸化を示します。

 

活性酸素について
 呼吸で吸い込んだ酸素の3%は活性酸素になるとされています。また、ストレスや過度な飲酒、喫煙でも活性酸素が体内で発生する事が確認されています。活性酸素が過剰に増えると、体内の細胞を酸化させ以下のような症状の原因になります。

・老化
・がん
・動脈硬化
・糖尿病
・痴呆 等

がん治療と副作用

 中でもがんは、1981年以降日本人の死亡要因の第一位であり、その罹患率は50%以上、死亡率は35%にもなります。つまり日本人の2人に1人はがんに罹り、3人に1人はがんで死亡するのです。そしてがんの罹患率と死亡率は本国においては年々増加しています。
 日本のがん治療に対する標準的な治療法は、手術・抗がん剤治療、放射線治療の3つがほとんどで、体内深部の進行したがんに関しては、放射線治療または抗がん剤治療しか選択肢がありません。

 放射線治療を受けると、倦怠感、吐気、食欲低下、うつ症状などの症状が急性期の副作用として現れます。そして照射した部分の皮膚には皮膚組織のダメージが起こります。また、時間がたってから現れる後遺症として、がんの発生、中枢神経系や循環器の疾患、白内障などがあります。 このような副作用や後遺症は照射した部位や量や照射法や治療を受けた人の放射線感受性の違いなどに左右されます。これらは放射線照射によって発生する活性酸素種による酸化ストレスや炎症反応によって生じると考えられており、寿命を短くする原因になります。

水素で副作用を軽減

 シスプラチンは多くのがんに効果がある抗がん剤ですが、腎臓障害が発生すると十分な量を投与できなくなります。シスプラチンは腎臓細胞のミトコンドリアのダメージを引き起こして活性酸素のヒドロキシルラジカルの産生量を増やし、このヒドロキシルラジカルによって腎臓細胞が酸化障害を受けることが腎毒性の主な原因になっています。

 水素分子はヒドロキシルラジカルを強力に消去する活性力を持っています。ある研究では、水素分子の投与で酸化ストレスを軽減する事によって、シスプラチンの抗腫瘍効果を阻害することなく、副作用を軽減することがマウスの実験で明らかになっています。

 

以上にように、水素吸入は患者の負担を軽減し、抗がん剤治療を休むことなく連続的に行え効果の増大を図る事の出来る、効果的な補助療法と言えます。また、強力な抗酸化作用により、がんの原因の1つでもある活性酸素を除去して進行を抑制すると共に、がん予防にも繋がるとされています。

 

 

水素吸入器「ラブリエエラン」は、99%以上の高純度水素を1分間に30mL生成します。たった1分間吸入するだけで、高濃度水素水を1.5リットル飲むのと同量の水素を取り入れることができます。

Access

御用聞き・草むしりや買い物代行など代行業務なら合同会社SKリンク

概要

店舗名 合同会社SKリンク
住所 愛知県安城市和泉町宮前59-1
グリーンシティサンシャインC棟103号
電話番号 0566-70-8890
最寄り バス停「和泉丈山苑」徒歩1分

アクセス

お庭の草むしりや剪定・伐採、面倒な買い物の代行などあなたの家のお悩みをお聞きします。合同会社SKリンクでは、安城市を中心に御用聞き・代行サービスを展開し、地域密着で皆さんの暮らしの支えとなれるように努めて参ります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事