動脈硬化の原因

 

動脈硬化というと、コレステロールのことを連想する方も多いと思います。たしかに血液中のコレステロールが多い脂質異常症は動脈硬化の大きな要因です。 しかし最近の研究から、コレステロールの中でも、とくに超悪玉といわれる小型LDLコレステロールが多いと、動脈硬化を起こしやすいことがわかってきました。 その反対に、善玉(HDL)コレステロールが多いと、動脈硬化のリスクは低くなります。つまりコレステロールはその質によって、動脈硬化への影響が異なるのです。

悪玉コレステロール(LDL)の原因は”活性酸素”


私たちは呼吸によって日々、大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%程度は「活性酸素」になるといわれています。
活性酸素はほかの物質を酸化させる力が強い酸素の形態であり、殺菌力が強く、細菌やウイルスの撃退といった重要な役目も果たしていると考えられています。しかし、過剰に発生しすぎると悪玉活性酸素となり、正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまいます。
血液中のLDLコレステロールが増えすぎて血管壁にたまってしまうと、この悪玉活性酸素の影響で酸化して、過酸化脂質となります。蓄積していくと血管が細くなり血栓ができて動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や狭心症・脳梗塞などの動脈硬化性疾患を誘発してしまうのです。

 

抗酸化物質の中で最も優れているのが水素です。他の抗酸化物質は、正常に機能している善玉活性酸素にも反応し減少させてしまいますが、水素は善玉活性酸素には反応せず、細胞などにダメージを与える悪玉活性酸素だけに反応し除去してくれます。

また、水素は地球上に存在する分子の中で最小サイズ、かつ水にも油にも溶け込むという性質があります。そのため、水素を摂取した人の体内で血流に乗るだけでなく、拡散という形であらゆる細胞にたどり着き、体の隅々まで行き渡るのです。これが他の抗酸化物資と大きく異なる水素の特徴と言えます。

水素は飲むより吸う時代へ

水素を気体で取り入れますので、水素水の何倍もの水素を短時間で取り入れることができます。

また、肺から直接吸収しますので、胃酸による影響を受けず、血液を通して、体中に水素が届きます。

特に脳へのめぐりが早いと言われており、足先、指先にまで水素がめぐります。

 

日常的な水素吸入で、ワンランク上の健康生活を送ってみませんか?

 

 

 

水素吸入器「ラブリエエラン」なら、安城市SUNDearまで♪

Access

御用聞き・草むしりや買い物代行など代行業務なら合同会社SKリンク

概要

店舗名 合同会社SKリンク
住所 愛知県安城市和泉町宮前59-1
グリーンシティサンシャインC棟103号
電話番号 0566-70-8890
最寄り バス停「和泉丈山苑」徒歩1分

アクセス

お庭の草むしりや剪定・伐採、面倒な買い物の代行などあなたの家のお悩みをお聞きします。合同会社SKリンクでは、安城市を中心に御用聞き・代行サービスを展開し、地域密着で皆さんの暮らしの支えとなれるように努めて参ります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事